ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

晩冬のある日の山茶花&「ふく楽舎」の芝生

2010年02月27日 (土) 17:20
 <ふく爺家/推定100年以上経た庭のたさざんか ・・ゴルフボ-ルが!>
サザンカ
<推定100年の根拠。ふく爺家から嫁に行った叔母が娘のころ植えたと
 聞く、叔母は15年前に86歳で逝去>
サザンカ1


<1週間前に除草剤を噴霧/大葉系は枯れて来たが細い葉の雑草は元気>
芝生

芝生アップ

毎年2月初旬に芽の出た雑草を枯らす薬剤と発芽を抑制する薬剤を
ミックスして散布しています。
アバウト人間ですから、除草剤と水の分量、一定区画に蒔く量が定か
でない為、散布後20日以上経たないと除草効果が解らない悩みが
あります。

本年も南風泊水産団地入り口に位置する「ふく楽舎」名物.草一本生
えていない美しい芝生を皆様にご披露致します。
※昨年7/25日ふく爺記参照…「ふく楽舎」芝生が完璧状態の画像アリ

Blog Category

活きとらふく料理 さしみ・ち...

お1­人様5­,5­0­0­円(税込)※写真は2­人前です◆さしみ◆下関伝統の二日間〆め◆ちり◆お食事当日の朝、水槽で泳いでいるトラフグの切り身付(普通はアラのみ使うお店が多い)・前菜(ふく皮の煮こごり、ふく皮と小ねぎのかまぼこ)・ふくさしみ(楽舎盛り)・ふくちり鍋・ふくぞうすい・香の物お問合せ・ご予約はこちらから

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0