ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

旧山陽ホテル解体/東京駅と同じ辰野葛西設計事務所の設計

2011年01月29日 (土) 12:39


下関市細江町の歴史的遺産・旧山陽ホテルが解体。
山陽ホテル














同ホテルは戦前の旧下関駅と関釜連絡船(朝鮮/釜山)発着場が
あった旧下関駅前に立地し、大陸への窓口として栄えた下関の
歴史を象徴。

山陽ホテル


 













大陸渡航の皇族、政府高官が宿泊した拡張高いホテルで、ベ-ブル-ス
やヘレン・ケラ-、アインシュタインも利用。敗戦で連絡船がなくなり廃業。
その後は、国鉄/JR関連企業の事務所として使用していた。
山陽
 














建築1924年・鉄筋コンクリ-ト3階建て地下1階
外壁のレリ-フや階段周辺の建物の特徴的な部分を切り取り
大阪市の交通科学博物館で所蔵、記録保存をする
 以上、山口新聞記事より

昨年は、マルハ大洋漁業(現・マルハニチロ)発祥のビルが解体。
下関繁栄時代の歴史的建物が消え去り一抹の寂しさを感じる。







 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0