ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

東日本大震災/福島原発事故⇒30年来の友の私見

2011年03月24日 (木) 14:50
当ブログ「ふく爺記」を読み、30年来交流のある友人が3月23日
メ-ルを寄せて来た。
マスメディアでも各界の有識者が、この難局に当たりさまざまな
指摘や意見が述べられていて共感、共鳴を覚えているところです。

さて・・メ-ルをそのまま転載しました

なんか、情感といいますか人への想いがあふれて思わずじっくり読
ませていただきました。
消防庁のこと、募金のことなど同じ視点ですね、やはり。

特に今回の大震災では、今そこにある悲惨さに加えて、地球規模での
大きな転換期の中で、高齢社会一番手の日本で起こったこと、危うさを
秘めながらも国家を支えるクリーンエネルギーとして選択された原発事
業の幕引きと東芝や日立を核にした大企業グループの経済戦略の挫折
は、当面の復興には、神戸では考えられなかった様々な負担を国民も
当事者も背負わざるを得ないという現実に直面していくこと、、、、
政治のリーダー不在もあり暗澹たる気持ちになります。

しかし、しかしここからが日本人。
戦後の復興パターンとは全く様相は異なるでしょうが、あるいはバカの
ような好景気に沸くことももうないかしれませんが、世界に誇れる素晴ら
しい日本の社会がうまれていく[元年]になると考えています。

多くの方々の犠牲を礎に、悪しき権威体質のようなものが次々に押し流
されていきます。

先ずは地方の政治の変化を皮切りに、難題克服に知恵がパワーがそして
絆のチャレンジが始まり、新しい社会のあり方や生き方を目指す人々の
スピード感がでてくることでしょう。

今度はアメリカの消費経済主義を超えて、はじめての日本オリジナル市民
社会に向かう契機。
それが3.11ですね。 
 〓全く共感‼ 高い志しを持ちガンバロウ‼ 民度アップが必要か?‼ 〓
   ・・「ふく爺」
 

 米田和男さん(60才) 関西在住
               同志社大学卒




Blog Category

ご宴会企画

どこの幹事様も、企画をいろいろ思案されている事と思います。そんな、幹事様必見情報!今年は、本場の本場たる「ふく料理」で、みなさま納得の質と量で、幸多いひと時を過ごしませんか?問屋直営ふく楽舎だからこその下関伝統こだわりのの、2­日間締め!のふくを使って、ふく三昧のコースをご用意しました。ご参加された皆様も、大満足のコースです。いろいろなイベントに、ぜひご利用ください。ご注文・詳細はこちらから当店1­番人気!※トラフグ唐揚げ付お1­人様8­,6­2­0­円(税込)●飲み放題込み:9­0­分(ビール・ふくひれ酒・.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0