ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

街角文化サロン・おもしろ文化塾/ゲスト(おに画作家)

2012年05月19日 (土) 16:35
ゲスト…しの武さん~市内長府在住
     講演タイトル 『鬼絵をかきつづける私の中の鬼』
またまた凄い人に出会った‼ 
講演のひとこと一言が胸にズシンと‼ 哲学家.しの武さん?

ご本人曰く、「親に捨てられ孤児院で育ち、16歳で母となり33歳でおばあ
ちゃんに。
人間、誰もが心の中に一匹くらいは鬼を飼っているものです。その鬼が時に
に暴れたり、妬んだりしてしまうのが人間。わたしのおに絵は、そんな鬼を叱り
、励まし、鎮めて心の支えと力になればと願い描いていきます」
                                                
しの武




















   赤ちゃんがお腹に。母子共に幸福(しあわせ)を描いている。
しの武2

















 
 

   原画を撮影/ガラスケ-ス入り画像悪し
しの武原画




















 おもしろ文化塾/講演の模様~左、世話役(ホスト役)の武部忠夫さん
 しの武さん・現在40歳、お若くてブチ美人の方ですね。
しの武武部

















下関長府功山寺近くに「おにの家」というお店を5年前に出され、ユニ-ク
なおに絵作品が話題となり、テレビ・雑誌などにも紹介されたそうです。

現在は作家活動を続けながら県内外で個展や講演活動(ご自分の幼少
時代に施設で育ったことを深く感謝され、恵まれない幼少年の力に少しでも
プラスになればの想いで施設優先の活動)をされています。


 下関・児童養護施設「なかべ学院」の新校舎内に掲げられている作品                 
しの武中部学園



















『なかべ学院』
太平洋戦争後の昭和21年、戦災孤児収容施設として創立、64年目の
一昨年から校舎新築工事に入り本年3月に竣工式を迎えたばかりです。
ゼロ歳児から18歳まで親と暮らせない色々な事情を抱えた子供さん約90
名が家族として生活、勉学に励んでいる施設。
なかべ学園


















本題に‼
普通の人にはあり得ない体験(かなり赤裸々な話しをされた)が、若くして
奥の深い人間であり、ほとばしる活力の人、ビックリ‼
今後、独自な分野で進化‼世界をまたに活躍されることを期待。
見守って勉強していきたいと想うところです。

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0