ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

赤江瀑(泉鏡花文学賞)さん&下関・夜の街

2012年07月02日 (月) 12:27
古川薫さんと並ぶ下関在住の作家・赤江瀑さんが先月
お亡くなりになられました。
古川薫さんよりお若いのに誠に残念なことです。
漠新聞



















赤江瀑さんは「書」も得意なのか市内のラウンジ、スナック、
カクテルバーの店内に畳一枚乃至二枚サイズの「揮毫」が掲げら
れています。

 『ラウンジ・ 海』市内豊前田町宮崎ビル/クラブ級の良いお店です
          店名にちなんだ詩が凄い‼                    
漠ラウンジ




















  
  

 超美人のリカさん~撮影能力ナシ‼ ごめんなさい
海リカさん





















   
    『スナック・ はね峠』 市内赤間町/市内で業界最古参のお店
はね峠(1)






















  すみません「ふく爺」が邪魔です。「揮毫」の大きさを示す為でアリマス
はね峠






















 『カクテルバー・ YIELD』 市内唐戸東華街/元オーナーが瀑さんと
 同じ旧、菊川町・菊川中学校卒(瀑さんの5歳下の弟さんが元オー
 ナーさんと同級生〓菊中・下関商業高校…
当店は瀑さんの「揮毫」が掲げられた当初、店格が数段上がり?赤江瀑
さんを含む文化人関係の人々で?賑わっていたことが懐かしい)
現、バ-テンさんは若くてキビキビ‼カクテルの材料仕込みもカウター
越しに見え、美味しい味付けに‼
職人肌の素適なバーテンダーが頑張っておられます。
カクテル店舗

















VIELD






















この「揮毫」が3店の内で一番大きなサイズです。店に入ると正面壁に♂
天井の高い店ですから書が冴え、一段と凄さが感じられます。

※赤江 瀑          享年79歳
  ニジンスキーの手      第15回小説現代新人賞
  オイディプスの刃       第 1回角川小説賞
  「海峡」「八雲が殺した」  第12回泉鏡花賞
  他「罪喰い」「金環食の影飾り」「オルフェの水鏡」  
  伝統的な芸能や工芸を舞台にした小説を数多く発表。

   赤江 瀑氏 のご冥福を謹んでお祈り申し上げます
                        広畠敬喜
         























Blog Category

活きとらふく料理 フルコース

お1­人様7­,0­0­0­円(税込)◆さしみ◆下関伝統の二日間〆め◆ちり◆お食事当日の朝、水槽で泳いでいるトラフグの切り身付(普通はアラのみ使うお店が多い)◆唐揚げ◆大型サイズのトラフグですから、カマが太くて旨味があります・前菜(ふくの煮こごり、ふくそうめん)・ふくさしみ(楽舎盛り)・とらふく唐揚げ・ふくちり鍋・ふくぞうすい・香の物お問合せ・ご予約はこちらから

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0