ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

市内王司上町『宇部八幡宮』参道をウォーキング‼昨年11月から

2014年01月04日 (土) 11:25
新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上ます。

さて、本年.第一発目の私ごとデス
昨年10月、軽い脳梗塞で1ケ月少々入院‼
退院後それまでの生活パターンを革新しました?
宇部八幡宮




















自宅裏の八幡宮参道でウォーキング
 旧国道2号線道路から緩やかな登り坂道が約250m強・この参道
 を6往復/50分弱の時間で11月15日より毎日歩いています。
 (雨の日はゴルフ用の合羽着用デ‼)
参宮(1)
















参宮(2)
















参宮(3)















山茶花

















     上画像/左、生垣の内側「ふく爺」宅



参宮(4)















参宮爺
















参宮(5)

















 午前5時30分~約50分間ウォーキング//終了後・朝風呂→息子嫁の
 手造り朝食(午前7時)→出勤(午前7時20分)→途中コンビニで山口
 新聞と昼用食購入…車の中で約1時間休憩(睡眠含む)→会社着
                                     9時40分
 ※当画像は1月元旦/午前7時から8時過ぎまで〓7往復しました
 
 ◇入院前13年間/午前6時前から朝サウナ(山の田・サウナフリーダム)
   ~朝食は外食…コスト高の生活でした‼
 ちなみに、
 「ふく爺」のサウナ歴は50年近くなります。下関にサウナ店が無い時代から
最初は小倉まで行っていました。
下関第1号店は生野町の美容院『エンゼル』2階で開業、美容院店主の
旦那さんが郵便局を定年退職後にオープン‼入浴料500円だったと記憶。

以上、どうでもよいこと、こんな調子ですが今年もよろしく願い上げます。
 







 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0