ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

名門の下関ゴルフ倶楽部/お誘いを頂き本年初挑戦‼

2014年04月24日 (木) 10:50

下関大丸西田社長さん.うなぎ『川淀』大石社長さんに
ありがたくも再々度のお誘いでプレイ‼
川棚ゴルフ
















右から大石社長、西田社長、児玉社長、ふく爺、こと広畠

今回は、下関青年実業家・(株)TOEIコミュニケーションズ社長 児玉 篤
さんにお声掛けしたところ、ブチ‼忙しい人物なんですがたまたま日程が空い
ていて快くOK♂ 実は一緒にプレイするのは10数年ぶり‼
児玉氏の仕事は全国区では収まらず世界(アジア)にも翔ばく挑戦者と感じ
るバイタリティの持ち主です。(下関には月間10日も居ない状況だそうです)
しかし
「ふるさと下関」活性化への想い入れは強く、実業を超えて着実に具現化
しているようです(一例、間もなく公表される)。

さて、ゴルフプレイ
「ふく爺」敢え無く撃沈‼ グロス114// 実力を痛感
他3人様、前半は好プレイでしたが、カートなし、歩きプレイでやや疲労も
ありで下関ゴルフ倶楽部独特のやってはいけない壺にはまり、スコアは伸び
ずに終了。

天気最高・最終ホールまでシッカリと振り抜き「ぶんぶん丸」を貫き徹しました

 良きパートナに恵まれ楽しいゴルフ‼ 本当にありがとうございました



 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0