ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

海老原喜之助展・下関市立美術館/12月28日マデ

2014年12月25日 (木) 14:07

下関市立美術館 特別展「生誕110年 海老原喜之助展」
1904年鹿児島市に生まれた海老原喜之助は19歳で渡仏し、
パリで藤田嗣治を師とするや早々にデビューを果たした早熟の才能
です。 雪景色の連作など1920年代末から30年代はじめの制作は、
「エビハラの青」と称賛された色彩に代表される ...

一カ月前
「街角サロン・おもしろ文化塾」のゲストで濱野聡 市立美術館長
さんが「海老原展」の見どころを講演され、芸術音痴ながら拝観してきました。
  
下関市立美術館/下関市長府黒門東町1-1
                              
美術館建物

















海老原




















作品(デッサン多数)収録本一冊購入〓クリスマスプレゼントで昨夜、
孫(小学4年女の子)の母親に渡す
~孫は2歳頃から紙とエンピツ、クレヨンを片時も離さず何かを描き続け
 ている~・・爺々バカの見方です?
海老原(1)
















(2)
















(3)




















葉書
















生誕110 年を記念した回顧展である本展では、油彩画の代表作約80
点のほか、版画や陶彫、陶器の絵付、近年発見された膨大なデッサン群
の紹介も交えた出品です。






















 

Blog Category

ふくギャラリー

パーティ・講演会・コンサートなど様々な催しに。​【多目的ホールを活用した代表的なイベント】夏ふくを食べよう/こんぺいとうコンサート響灘に面し、南風泊港を一望する円形ホールです。ステージ、グランドピアノ、音響など、設備も充実。「ふくふくゼミナール」をはじめ、各種パーティや講演会、コンサートなど、様々な用途にご利用いただけます。幸福を招く「ふく」にあやかって、結婚披露宴や祝賀会、忘新年会に、海を眺めながらの会議・会合も一興です。アイデアを生かして、ふくの本場・下関ならではのスペースとしてご活用く.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0