ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

トラフグの産地、魚種名偽装商い

2008年08月06日 (水) 13:19

先般来、下関フグがニュ-スを賑わし苦々しく、恥ずかしく
思うとともに真っ当な商品(販売価格を含め)が顧客様に評価
していただけると、プラス志向に考えております。
当ホ-ムペ-ジおすすめ情報[ふくの味くらべ楽習.ガクシュウカイ]を
ジックリとご高覧ください。

~この日からあなたは「下関ふくの語り部」になります~

良い材料、心のこもった料理人魂、伝統の料理手法、この要素を
踏まえた、天然トラフグ、養殖トラフグ、天然マフグ、近海サバフグ、
4種類のフグの食べ比べ。どれが美味しいかを競うのではなく4種類の
フグ、それぞれがみんなおいしい。
嘘、偽、等々ではなく「下関ふく」の本物を知っていただくことが願いです

大切な自分自身を欺かない道を進みたいものです

 

Blog Category

自宅で本場のふく料理を!活き...

ふくの水揚げ量日本一を誇る下関南風泊。その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの永い歴史を育んできた「フグ仲卸平越」は、市場のフグ一尾、一尾厳選し全国の高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。特に東京築地卸売市場では、天然トラフグ、また上質の養殖トラフグの磨き(除毒処理後の業界用語)でトップブランドの名門と評価されております。「ふく料理は、材料の善し悪しが勝負。最高の材料を最高の技で料理して、はじめてお客様に満足していただける」ごく当たり前のこと。ごく普通のことを守り通してきた「平越」ふく楽舎.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0