ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

ご存知ですか、関門海峡空中散歩

2008年09月01日 (月) 13:55

関門海峡の上空をヘリコプタ-で遊覧飛行する事が7月より
出来るようになりました。

異業種交流会「関門関旅会」のメンバ-の「お座敷串天・竹つぼ」
河村社長が数年前から下関活性化の一助になればと構想を練り、
ヘリコプタ-会社との交渉、航空関係の役所と折衝等々、難しい
問題を素人ながらクリアしてようやく実現にこぎつけたと語って
おられました。

関門海峡360°の大パノラマを体験されませんか。

「ふく爺」はお金を少し貯めて孫(4才、女の子)と飛んでみたいと
思っています。

ヘリコプタ-のりば:下関水族館(海響館)横広場
遊覧飛行実施日  :毎週土曜日.日曜日.祝日(雨天中止)
     受付時間 :10:00~17:00
料金 :一例 《満足コ-ス》 7~8分 1名8,000円(2名様以上)
☆詳しくは…SGC佐賀航空株式会社
お問い合わせ:レトロフライトサ-ビス TEL093-383-5930

 

 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0