ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

いもずるの会…桂出丸、古典落語「ふぐ鍋」

2008年09月04日 (木) 17:54

  ~ 人から人へ楽しくひろがる、日本の美味しさ ~
第2回いもずるの会総会
1.平成20年9月27日(土16:30~20:30)
       懇親会 17:30~
2.会場  創作料理 ドミンゴ
     〒550-0005 大阪市西区西本町1-2-1丸栄信濃橋ビル
     電話06-6543-1863 :地下鉄四つ橋線本町駅26番出口

ケッタイな名称やしなにする会かようわからんわ!ですね
3年位前でしたか、鳥インフルエンザ、凶牛病、大手洋菓子メ-カ-やテレビ
局による食品デ-タ-の偽装、改ざんなど「食」の問題が種々あふれて、日本
の食文化の危機が叫ばれ、食育の必要性が訴えられようになりました。

世の中、奇特な素晴らしい人がいるもので、食の諸問題に関心をもつ人達が
つどい、懇親を深め、かつ勉強をする場としての会を作ろうではないかと損得
抜きで3年前に立ち上げた会です。

この会は食のほんまものに舌包みを打ちながら、食文化に対する理解を深め、
かつ食の安全、安心や食育等の諸問題について考えて行こうという欲張った会です。
ただグルメの会との違いは「いもずる式」にいろいろな地域、さまざまな分野の人々
が出会い集い一緒に勉強、交流を深めあことを目的としています。

産地探訪ツア-や、各界の著名人を招いての講演会も行われています。

一昨年の11月末には、いもずるの会忘年会「落語と下関ふぐ鍋ご賞味会」を
大阪西天満「浄信寺庫裡」で開催、まずは桂出丸さんの古典落語「ふぐ鍋」の
一席。会場全体笑いの渦。

ふぐ刺身、てっちりは「ふく楽舎」宅配商品を70人前分送付、ふく爺が出向いて本場
下関フクのウンチクを語り鍋奉行をしました。会員一同大満足していただきました。

会の目的に興味をお持ちの方は誰でも会員(年会費2000円)に参加できます。
お問い合わせ先
いもずるの会事務局(日本の食を考える全国ネットワ-ク)
高村 馨  大阪府箕面市坊島3-1-5






 

Blog Category

ふくギャラリー

ふくをテーマにした多彩なコレクション。ふくと海をテーマに、折にふれて収集してきた絵画などの美術コレクションを展示しています。また、珍しい種類のふくや貴重なふく料理の写真なども館内各所に展示しています。「ふく食文化」は下関の財産ともいえるもの。プロの技が冴える華麗な創作料理の姿を通して、その一端に触れていただければ幸いです。「ふく楽者」館内展示絵画『ふく群図』三輪亨良描下関市彦島在住:升本猛作:「メルヘンの詩」シリ-ズ日本画:小野具定描

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0