ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

《上方落語》ざこば、南光さん、天然とらふく料理をお召上がり

2008年09月15日 (月) 10:59

上方落語、「桂米朝一門会」の公演が一昨日下関で開催。
ざこばさん、南光さん、雀三郎、雀々、雀喜、ひろばさん他、スタッフの方、
主催者の朝日新聞の関係者様等、26名様が公演後ふく楽舎で「天然とら
ふくフルコ-ス」をお召し上がり頂きました。

  <特別アトラクション・とらふく刺身料理実演>
ざこば

特筆ものは、南光さんの鍋奉行ぶりでした。
当日の鍋はアラ(中オチ、カマ、頭、くちばし)としゃぶ用薄造り身で、弊社の
スタッフが鍋に材料を仕込もうとすると、南光さんが自分がやりますと各々の
材料(野菜、豆腐等含む)を南光さん流の美味しい食べ順に入れ、鍋温度も
こまめに調節、最終のぞうすいもご飯の入れ具合、食塩を加えて何度もの味見、
その旨み追求の真剣さはさすがとお見受けしました。

椅子席4人様1テ-ブル単位でお召し上がり頂きましたが、南光さんを除く
2テ-ブルの大阪関係の方もてっちり鍋は手出し無用とご自分達で鍋奉行を
されました

大阪はトラフグの消費量が日本一、メインデシュがてっちり
(下関、東京は刺身)です。
ふぐぞうすいを食べたい為にてっちり屋さん(ちり鍋を食べない限りぞうすい
は食せない)に足を運ぶと言われるほどにトラフグの真の味覚に詳しく、
大阪の味てっちり・と言われるまでにフグが愛されているようです。

昨日14日(日)は休み→ゴルフ
山口レインボ-ヒルズ 豊田湖ゴルフクラブ
5組のコンペ  (ハンディ13 …前回5アンダ-2位の為)
成績:49+52 =ブ-ビ-賞となりました

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0