ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

トラフグ食「解禁」から120年

2008年09月29日 (月) 16:43

豊臣秀吉の「フグ食ご法度」から、江戸時代のフグ中毒で亡くなった武士階級は
お家断絶と言う厳しい掟を経て、時は明治21年伊藤博文総理大臣が「下関.春帆楼」
にご宿泊。
その日は折り悪く海は大時化、お出しする料理に困った女将は、禁制とされている手持
ちのフグを打ち首覚悟で?出したそうな、ところが伊藤公はこの魚はブチ旨い、何と言う
魚かと問われ恐る恐る事情を話したそうな、味に感銘した伊藤公のフグ食解禁物語が
今日まで伝わり「春帆楼」さんはふく解禁第一号店として有名です。

昨日、フグ食「解禁」120周年を記念した「時の総理伊藤博文が食したふく料理-再現
披露目会」(下関ふく連盟主催)「春帆楼」で開催。
同連盟.松村久会長、下関長府在住、直木賞作家.古川薫さん、安倍晋三.元総理、
同連盟、下関出身タレントで、ふく大使菊田あや子さんらが明治時代から大正、昭和
それぞれの時代の「再現フグ刺し」を食べ比べた。

Blog Category

活きとらふく料理 フルコース

お1­人様7­,1­3­0­円(税込)◆さしみ◆下関伝統の二日間〆め◆ちり◆お食事当日の朝、水槽で泳いでいるトラフグの切り身付(普通はアラのみ使うお店が多い)◆唐揚げ◆大型サイズのトラフグですから、カマが太くて旨味があります・前菜(ふく皮の煮こごり、ふく皮と小ねぎのかまぼこ)・ふくさしみ(楽舎盛り)・とらふく唐揚げ・ふくちり鍋・ふくぞうすい・香の物お問合せ・ご予約はこちらから

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0