ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

下関の旨い店‥『ラ-メン.一龍軒』

2009年01月23日 (金) 14:21

下関で店舗を構えた(屋台ではない)最初のラ-メン屋(創業昭和41年)。
40数年の歴史を持つ老舗ラ-メン店です。

78才の店主は今でも現役、息子さん夫婦とロ-テ-ションを組んで午前11時
から午後9時までのぶっ通し営業の一員として毎日、店に立っておられます。

唐戸商店街、ふれあい通りにある店は、常連さんで何時もにぎわっている繁盛店。

「ふく爺」はラ-メンはあまり食べるほうではないが、ラ-メンを食べるときは、
この店だと10年位続いて通っている。
とんこつタイプのス-プと自家製の口当たりの良いなめらかな麺が絡み合って
何とも言えない旨み!大好物です。<チャ-シュ-もお店、手造り>

…麺の(自家製麺)分量が他店よりやや多いが、旨すぎて何時も大盛りを注文
すればと後悔している、…実は店に伺った時はラ-メンの前に焼餃子、
ビ-ル中ビン一本!
☆至福のひととき♂時間を含めて味わいつくしています☆

余談‥
店主.中尾弘明さんはゴルフの腕前は元シングルです、今でも調子の良い時は
80台で回られているそうです。
元気の秘訣を伺うと「毎日自分の店のラ-メンを喰ってるから」とのこと!
これ本当の話!?78才でありながらお顔の艶は60才代前半の人並み。
豚骨ス-プのコラ-ゲンが元気の基なのか!?

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0