ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

期間限定メニュ-.『萩沖産.旬の味』ふく唐揚げ、真ふくコ-ス

2009年03月29日 (日) 16:32
『ふ・く・の・夏・』期間限定メニュ-・第3弾
「ふく唐揚げ、真ふくコ-ス」‥ホ-ムペ-ジにアップしました。

山口県萩沖の日本海で2月から4月末位に延縄釣りで漁獲される活マフグ(公式魚種名)が
素材(冷凍ミガキ)です。<南風泊市場でセリ落とし包丁を入れるまで飛び跳ねる魚体を
                ミガキ処理>
メニュ-内容
分量タップリの◇唐揚げをメインに、◇贅沢シャブ(骨ナシちり)鍋…(鍋出汁で最後に味わう、
ふく雑炊が人気。◇刺身は「ふく楽舎」でおなじみ、2日間〆めトラフク刺し。
リ-ズナブル価格です。ふくは冬だけの食べ物でありません、是非お試し下さい。

萩市ではマフグをフクの女王様として「萩・3大ブランド魚」として積極的にPR、いろいろな    キヤンペ-ンを実施中のようです。
※萩・3大ブランド : 萩、瀬付きアジ.萩、イカ.マフグ.

Blog Category

自宅で本場のふく料理を!活き...

ふくの水揚げ量日本一を誇る下関南風泊。その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの永い歴史を育んできた「フグ仲卸平越」は、市場のフグ一尾、一尾厳選し全国の高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。特に東京築地卸売市場では、天然トラフグ、また上質の養殖トラフグの磨き(除毒処理後の業界用語)でトップブランドの名門と評価されております。「ふく料理は、材料の善し悪しが勝負。最高の材料を最高の技で料理して、はじめてお客様に満足していただける」ごく当たり前のこと。ごく普通のことを守り通してきた「平越」ふく楽舎.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0