ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

《ふく料理食べ歩き漫歩》その5‥静岡県三島市編

2009年05月08日 (金) 15:22
昨日の続き…
◆三島市・ふく料理専門店『三四郎』
当時の雑誌で当店の事を知り、東京出張の帰り際に新幹線三島駅で途中下車、
お店を捜し駅前通りで途在る店頭で掃除をしていたお婆さんに『フグの…/三四郎』を
訊ねたところ、店内にあると言われ、何??と不思議に思って店内を見ると「本屋」さん!
改めて「ふぐ料理の三四郎」と訊ねると、お婆さん不愉快そうな顔で「しらん」と取り付く
シマもなく追い払われる。
      
         ♪笑い話一件♂終わり♪
さて
探し当てたお店は1階カウンタ-席8人程度、2階が座敷で家族ずれ、宴会用と聞く。
ご主人はご高齢(70才位)で写真で見る松下幸之助氏に似た顔立ちで品のある方
だった。
東京の有名ホテルの調理師に長年携わっていたが、生誕の地遠州灘でトラフグが
獲れていた事に触発され当地で独立開業したとお聞きする。
開店当初からフグ食文化が全く根付いていない地域ですから相当な苦労をしたと
語られる。
  <軽トラに自筆の看板を取り付け市内を宣伝して廻る等の話を伺う>

しかしフグのおいしさの虜になられているご主人は信念を持って「ふく爺」が訪れる
キッカケとなる雑誌にも掲載される銘店を創り上げられた、深イイ本物人間のお話を
伺いながら極上のふく料理食べる最上の時を過ごさせて頂く。

初回の次の年か翌々年(17年前?)に三島駅途中下車で再度『三四郎』に伺う。
ご主人は亡くなられておられ、娘さん(当時40才前後)が板場兼経営者となられて
いた。初回の時、娘さんも店に出ておられた。

一度しか行っていないお店でしたが新女将さんは、下関のフグ屋と言うことで先代
さんのこと、その他いろいろお話をさせてもらった記憶が懐かしい。

Blog Category

見る

ふくギャラリーふくをテーマにした、多彩なコレクション。多目的ホールパーティ・講演会・コンサートなど様々な催しに。ふく楽舎館内概要館内案内図

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0