ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

「すしネタを考える」&「醤油の旨味」水産大学校で講演

2009年06月08日 (月) 16:43

江戸前すし

※昭和初期の「江戸前すし」の再現(生のままではない)…ズケと呼ばれる、ひと加工した
ネタを使用


独立行政法人水産大学校・食品科学科オ-ぷんキャンパス講演会に‥6月4日ブログ

    「すしネタを考える」お魚普及センタ-資料館 館長 坂本一男氏

すしネタをネタに、魚の話、すしの歴史、食の文化、資源、環境など様々な話を聞く

  「醤油のうま未」独立行政法人水産大学校 理事長 鷲尾圭治氏

経歴が凄くおもしろく、下関市に赴任して2ケ月と聞くが、下関活性化?下関に貢献
する名物人間として脚光を浴びてくる人物だと感じた。

独立行政法人組織となった大学は地域密着型人材の登用か
 ◎著書 『明石海峡冬景色』を読んで見たくなる。
  演歌「津軽海峡冬景色」にちなんで、著者のユ-モア溢れる人柄を滲ませる題名です
  
  明石海峡の海産物に付加価値(ユニ-クなアイデア?)を付け生産者にも消費者にも
  喜ばれた物語、他多々。

Blog Category

高校生、孤軍奮闘!!

各地から、生徒さん達が孤軍奮闘慣れない手つきで大苦戦男子学生もチャレンジお家でもお手伝いしてるのなかなかの腕前お揃いのスタイル真剣な眼差し仕上げも韓国からは料理専門学校のプロの卵達が「ふく楽舎」で研鑽

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0