天然とらふく料理 平越コース天然とらふく料理 平越コース

天然とらふく 平越コース

 
※9月中旬~3月までの期間限定メニューです。
  お1人様 16,000円~30,000円(税抜)
 
 
平越コース(大)   ・前菜(ふく皮の煮こごり、ふく皮と小ねぎのかまぼこ)
・ふくさしみ(楽舎盛り)
・とらふく唐揚げ
・ふくちり鍋
・ふくぞうすい
・香の物
 
ふくの水揚げ量日本一を誇る下関・南風泊(はえどまり)。
その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの長い歴史を育んできた「平越」は、市場のふくの中より最高級のふくのみを一尾・一尾厳選し、高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。
なかでも「平越」極上のふくは、目配り、気配り、思いやりの心と最高の技でもてなし、今なお多くの人々に愛され続けています。
『ふく』は材料の善し悪しが勝負。
最高の材料を最高の技で料理してはじめてお客様に満足していただける』
ごく当たり前のこと。このごく普通のことを守り通してきた「平越」、この味に、志賀直哉や武者小路実篤、井上靖など美食家の文士たちも舌鼓を打ったほどです。
六十余年の歴史をもつ「平越」では、全国のふく料理の銘店に卸している上質なとらふくを直営『ふく楽舎』でご賞味賜りますようお待ち申し上げております。

お問合せ・ご予約は こちらから

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­
RSS 2.0 RSS2.0