ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

「街角 おもしろ文化塾」ゲスト/菊舎顕彰会会長.岡 昌子さん

2010年05月07日 (金) 16:19

    “月を笠に着て遊ばヾや旅の空”
  / 雲遊の尼/ 田上菊舎 作

 <ゲストの岡昌子氏と文化塾世話人武部忠夫氏(劇団
  海峡座代表)>
岡昌子
<写真家中村たすく氏・菊舎が俳諧の旅で全国8千キロ以上
 を歩いた軌跡を辿り写真に収めた展示会開催中の一点>
   写真は山形県小国峠
菊舎2
 
<同じく、菊舎俳諧の旅>ゆかりの地> 写真は、美濃、平尾.願証寺
~菊舎の全国行脚の出発点。越前、越後、奥羽と「奥の細道」の
逆コ-スを辿る大行脚に出る
菊舎3

田上菊舎について無知でありながら厚かましく記載しましたが、
下関市長府に深いかかわりがあることで…
これより10月10日追記
一字庵 田上菊舎…江戸中期女性文人
日本文化史上、特異な光芒を放つ一字庵田上菊舎は若くして夫に死別
再婚の道を選ばず尼となり諸国行脚をつづけた下関出身の女性文人です
「月華を住処とす」と旅に明け暮れた彼女ですが、旅の先々では名流と
交遊し、俳諧のみならず、和歌、漢詩、書画、七弦琴、茶事他諸芸に通
じ、豊かな才能を全面開花させた女性です。
終生、無欲で志高く飄々悠々と風雅な旅に遊んだ菊舎のしなやかな生き
様は、現代の人々にも大きな共感を呼んでいます。 岡昌子さん談より


 

 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0