ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

おかげさまでアクセス数が増大⇒長野県からがトップスリー何故?

2017年01月17日 (火) 08:48
長野県の人々が下関に興味と関心を持っていただいている
ことは嬉しいことです。

​そこで、下関のトップ中尾友昭さんの
  熱いメッセージ『市長通信』をご紹介!
 nakao@city.shimonoseki.yamaguchi.jp
 
こんにちは。下関市長の中尾友昭です。
いつも大変お世話になります。
私は就任以来、市役所職員に対し毎日、市長通信を届けています。
これには市長の仕事、市政の方針、市長の生き方等を記載しています。
このたびご縁をいただいた、あなた様へ市長通信をお読みいただき、
市政の情報をお届けしたいと思います。
ペースは月に20回です。面白い読み物としても心がけていますが、
なかなか皆さんを唸らせる文章にはなりません。
しかし、誠心誠意、自ら全て作成し、自らが送受信をしています。
今後ともよろしくお願いします。
なお、不要な方はお手数ですが、その旨、返信をお願いします。
ご健康、ご活躍を祈念いたします。

​すみません。
「奇人変人」の、ふく楽人.広畠敬喜から

右/中尾友昭下関市長  左/「ふく爺』広畠
文化

この記事を表示

「ワインでふく/響の宴」…下関の元気をつなげる!

2017年01月12日 (木) 08:34
下関ふく文化の発信基地『ふく楽舎』イベント情報万事、情熱家の多い我が下関。「ふく」に魅せられた通人や料理人も多く輩出、文化を育んできました。この伝統!これからも、いつまでも。人生の豊かなひと時に、そし...
記事全文を読む

テレ朝/世界が驚いたニッポン、冬の日本食⇒ふく楽舎料理長登場

2017年01月09日 (月) 18:00
テレビ朝日1月7日19時~20:50放送​タイトル・・世界が驚いたニッポンスゴ~イデスネ視察団​『和食の魅力再発見』外国人料理プロ厳選!!「後世に伝えて欲しい冬の日本食ベスト20」​下関『ふぐ刺身』が...
記事全文を読む

新年おめでとうございます。新しい自分の発見・次へのステップ!

2017年01月01日 (日) 16:45
本年もよろしくお願いいたします。​昨年9月末で(株)天白ひらこし『ふく楽舎』を卒業。胃癌手術(7月25日)に加え、年齢(77.5歳)に考えを巡らし?仕事人生に一区切り!57歳で唐戸魚市仲卸『(株)平越...
記事全文を読む

「下関ふく」が国の地理的表示(GI)保護制度に登録⇒知的財産

2016年12月22日 (木) 17:13
GIは農林水産物など地域ブランドを国が知的財産として守る制度。「下関ふく」は下関の南風泊市場に入荷した天然・養殖の国産トラフグが対象。​内臓等有毒部位を除去処理(ミガキ行程)する仲卸(ふく問屋)の​高...
記事全文を読む

下関市職員55人簿記3級に合格!地方自治体も複式簿記制度導入

2016年12月18日 (日) 09:43
中尾下関市長が8年前の市長選立候補時のマニフェストのにひとつに地方自治体の会計を単式簿記から複式簿記に(公会計改革)という経緯があり、当選後着々と実現に向けた取り組みを実行。先取り!時代の趨勢!!山口...
記事全文を読む

孫とおもちゃ

2016年12月13日 (火) 17:13
孫(小学1年生)玩具展開 
この記事を表示

山口新聞コラム/釣り放談のあらかぶさん『カクテル木口屋』に!

2016年12月07日 (水) 08:07
山口新聞随時連載「やまぐちフィッシング情報」のコラム欄​担当の、ペンネームあらかぶさん(関西在住)とカクテルバー​『木口屋』で!あらかぶさん//中央・左//下関市立中央病院医師○○さん『木口屋』マスタ...
記事全文を読む

週刊文春おもしろ記事/和田家のおいしい関係/表紙絵とコラボ

2016年12月03日 (土) 09:05
『和田家の新・おいしい関係』​…平野レミと上野樹里の嫁姑クッキング…​料理愛好家平野レミさんご夫婦(夫/和田誠)の長男和田唱と女優上野樹里が今年5月に結婚・・ということで姑...
記事全文を読む

王司地区親睦チャリティーゴルフコンペ

2016年11月29日 (火) 08:07
下関市王司地区在住者のゴルフコンペ56名の参加昼食中の同伴プレイをした王司小学校同級生/右から「ふく爺」​平岡君、村上君・・手前左/同い年の竹乃下さん最終ロングホール⇒2メートルのパーパット...
記事全文を読む
<前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次>

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0